2011年01月19日

2011年1月、月例“住環境改善講座”

年改まり月例「住環境改善講座」がスタートしました。

blog110119-1.jpg
集合写真

今回の受講者は、愛知・熊本・大分・広島・新潟・岐阜・長野の7県から参加されました。この清々しい表情を見て下さい。皆様「遮熱施工管理士」に合格し成すべき事が明確にそして進むべき選んだ道に一点の曇りも無い晴れやかさです。11年前に始まった住環境改善講座ですが今や2,541名もの方に修了証発行に到りました。それにしても、試験で及第点取れずに終わってしまった人が1割に達しています。その1割の方、今年再チャレンジして下さい。我々の進化論で奮起される事を願ってますよ。
成功する人、失敗する人、いつの世も表裏一体ですね。成功するまでやり続ければ失敗が無い・・これも普遍の真理です。

学んで頂いた事
遮熱理論(熱力学体系・伝熱工学より)
構造体による熱抵抗値の変化 R値2.4〜4.8
遮熱値を含む設備容量の計算法
住環境改善のための企業訪問法
(問題点対策種:暑さ寒さ・省エネ率・内部発熱体・償却年度・ウイルス、バクテリア対策・臭い・遮音法・結露対策・各省の補助金活用・人為的電磁波の回避法他)
セールスプロモーションの活用とセールストーク


blog110119-2.jpg

講師も磨きがかかってきました。弊社社員の高橋です。実は、この日、講習会場の末席に高橋君のお父上が見学に来てました。右も左も判らない高橋君も入社9年目です。”スレートの上にリフレが有り、静止空気層が云々・・・うん“と
説明する姿はお父さんにとって頼もしく見えたでしょうね。


blog110119-3.jpg
中央の人物が高橋のお父上です。似てるぅ・・間違いない

blog110119-4.jpg

初日のカリキュラムを終え、安達太良連邦に抱かれた温泉宿“東館”で乾杯!!
恒例になりつつある「福島県から見て一番遠方の方に乾杯の音頭を」で今回は 熊本県の木付社長にお願いしました。
2時間呑み放題で〜す。翌朝何時まで呑んでましたか? すると「11時頃だったかな」って。えっ9時半で終わった筈でしたが。正に胸襟を開いた語らいでした。


blog110119-5.jpg
東北NO1美人女将です。お酒どうぞ。格別美味い。

住環境改善セミナー2日目
東館で朝食を終え2日目の研修会場に向かいます。辺り一面真っ白です。
久しぶりの豪雪で“昔は毎年降ったもんだ”とまた昔話です。


blog110119-6.jpg
雪景色

温暖化現象と云うけど、100年周期で考えたら、地球は間違いなく”寒い方向“へ向かってます。そう云えば、北極か南極の氷が崩れ海の水が飛び散るシーンは過去何十年も変わっていませんね。
この事も屈折した操作情報なのかな。近年の光領域の電磁波は強くなる一方NHK出版でも2012年が最強になると記載されています。この事は、毎年違う太陽光の強弱から考えれば不思議な事では有りませんので、2011年も2012年の夏も暑くなる事は当然だと思います。しかし乍「原発から排出される”お湯“の影響」と云う人も居るしね。
その人はこんな計算をしました。世の中色んな人居るし、我々以上に見える人居るんでしょうね。信じるか否かは貴方次第です。
一基の原発から出る湯量は東京ドームの体積×200杯×全世界の原発は何立方になりますか。
124万m3/ドームの容積×200杯/年×500基/世界=124,000,000,000m3
熱いお湯がこんなに流れたら確かに海水が上がるかも知れませんね。海水温度が上がれば水分蒸発も増えるだろうし蒸し暑いのも頷ける。


blog110119-7.jpg

年明け一番の住環境改善セミナーは、全員テスト合格で、従って全員に「修了証」をお渡し出来ました。良かったです。時々、お一人だけ、及第点取れず、また来て下さいと云うのも辛いものが有ります。云われる人も云う人も悲しい限りです。

年明けても昨年同様受注が増え続けています。住環境改善のあり方、環境と共に生き延びる学習は更に必要な時です。皆様再学習待ってます。また、酒席にて胸襟を開いた語らいこそ生きている証です。縁あって会えた人もこれからの人も全員集合です。

以上
posted by kankyomaterial-blog at 23:18| 日記

2011年01月06日

一般社団法人環境マテリアル推進協議会が2011年初のCO2削減対策奨励金33万円を和合さんご夫妻に贈呈しました。


blog110106-1.jpg


今年初のCO2対策協力奨励金を贈呈しました
新築なさるお二人は福島県福島市の和合さんご夫妻です。
写真の左は、環境マテリアル推進協議会会員の株式会社菅野晃匠 菅野社長です。2月には地元テレビで「構造見学会」の放映、お引渡しは4月20日、その後完成見学会と続きます。

 このお住まいの特徴
結露が無いお住まい
  岩手県推奨登録「遮熱材で結露対策工事」をそのまま適用。遮熱材リフレク ティックスで結露とカビ胞子を発生させません。シックハウス完全対策です。
カビ胞子による健康障害は呼吸器系障害で常に弱者の子供やお年寄りが被害者です。
自然界の電磁波を防ぎます。
  夏涼しく冬暖かい遮熱住宅は自然界の日射電磁波を防ぎます。
人為的電磁波を防ぎます。
  携帯電話中継基地局高圧電線下低周波電磁波とマイクロ波を防ぎます。ノーベル医学賞の諮問機関カロリンスカ研究所発表の電磁波による小児用白血病患者の根絶に寄与します。
炎上時断熱材から発生するシアンガス(有毒ガス)の心配は要りません。
シロアリ対策殺菌剤は使用しません人畜無害NFPでシロアリ対策です。
紫外線カットで耐久性をアップさせました。紫外線は万物の劣化原因です。
強烈な省エネ率と少CO2率は愛知県版グリーンニューディール基金の活用で 実証中です。11月〜12月の省エネ率だけで前年対比32%です。
・1950年代世界初エアーキャップ特許権利者シールド・エアー社が贈る遮熱材は地球仕様でこのお住まいをスッポリガードしています。宇宙探査機はやぶさ7.3μの遮熱材は宇宙仕様の高性能で帰還が実現しました。

その他のお問い合わせ(無料)
一般社団法人環境マテリアル推進協議会 お客様担当へ
東京都千代田区神田西福田町4-3 TEL03-3258-4188 FAX03-3258-4187
全国ネット 北は北海道南は沖縄まで550拠点で対応

posted by kankyomaterial-blog at 18:34| 日記