2012年03月22日

日本人の良識

日本を代表する総理大臣が省エネ・小CO2と云い、従わねばならない大臣や官僚が増エネ、増CO2とは一体全体何だろうね。
それは家屋の断熱材のことです。北海道では400mm〜600mmだって。信じられない厚さですね。蓄熱体である断熱材でしょう。夏涼しくするためにどれ程のエアコンが必要だと思ってんのかな。
大体、何の役にも立たない断熱材を造ることそのものが増エネでしょう。

政治家も役人の頭脳も「糞も味噌も一緒」の発想しか無くて優れた技術が海外へ流出してしまう様は見るに耐えない。
先般、ベンチャー企業が骨髄移植の優れた技術を開発した。当然、完璧さを追求するには資金が必要だ。しかし、政府が動かない。日本国政府がこんな様だから、この情報を聞きつけた海外数カ国から
100億円レベルの投資を得て、またもや技術の海外流出だ。
日本国内にこの技術を待ちわびている人、何十万人居る筈と聞いてるが命の重さわかんねぇのかな。
「国民の皆様にご納得頂く様努力します」と云って、大震災も1年経過しました。瓦礫の撤去率6%だよ
国民の一人として納得する筈無いでしょう。


何の役にも立たない断熱材
暑さ寒さの感ずる多くの領域は赤外線領域です。また、絶対0℃と云われるマイナス273℃から無限大の高温までの間に起こる冷輻射から暖輻射の成せる空間で感じるのが暖冷温度と云われます。ちょつと難しいでしょう。熱移動の3原則を述べた熱力学は沢山発行されてきましたが、熱移動の防御を述べた解説書はこの世に存在しません。温度とは何と云っても、未だ判らないのが温度なんですから。

しかし、確実に云えることは、極一部の伝導熱と対流熱、これは温度計で実測可能な温度だけど、断熱材が何を防げるかとち云うと、この僅かな伝導と対流熱を「防ぐ」ととうより「若干遅くする」と云うのが正解です。しかも、断熱材が新品のうちです。
断熱材は日々劣化します。劣化し縮み痩せていきます。早いもので劣化は数時間程度から始まります
すると、隙間が生じ、元の熱伝導より確実に早まります。数ヶ月では、大気中の水分が溜まることと
収縮により気密性を損ねます。気密性は厚さに無関係で確実に損ねます。

最近の政府は「気密性」と云う言葉すら使わなくなりました。判ってきたんでしょうね。断熱材を使って気密を強調した結果、ダニが増えカビ胞子蔓延住宅となりました。あれ程高気密高断熱とまくし立てたのにね。なんかの都合で辻褄が合わなく成ったんでしょうね。

はい、今日はここまで。出張に出ますね。
posted by kankyomaterial-blog at 11:59| 日記

2012年03月19日

日本人の真髄

3月は忙しく現在の季節の通り、三寒四温如く、九州鹿児島→岩手盛岡→北九州→札幌と、寒暖の地巡りみたいな出張が続いた・・・のでは無くて、鹿児島でも雪だったし北九州も寒かった。
やはり地球は寒冷化方向ですね。温暖化なんて云ってるのは政治家と官僚。この辺が何か怪しい。

原発の冷却水はかなり高温のお湯となって排出されます。1基×東京ドーム一杯/年×500基/世界の基地
だとしたら、海水が数度上がっても可笑しくないでしょう。
沖縄の魚も、根付の魚に成ったり、南下する筈の鯖が福島県沖合いで居付きの鯖になり12月30日でも
60CM越えの丸々と太った鯖が釣れるよ。しかし、今は放射能で食べれませんがね。

それにしても本当の事云う偉いさんは何処かな。国民全てが疑心暗鬼。自分の懐さえ暖かければ無責任言動極まりない。もっとも、恥ずかしい事を恥ずかしいと思ったら政治家に成れないらしい。

北海道の一部のマスコミだけど、恐ろしく出鱈目新聞で驚きました。
節電のため、省エネのため、結露対策のため、断熱材を厚くしよう。マンションのリフォームの潮時から、断熱材リフォームビジネス=宝の山と施工実例を挙げて報道している様は、最早、新聞部数を上げるためか若しくは対談風に記事を書く事を容認しての嘘記事かお世話に成っている企業に恩返しなんての何れかでしょうね。

断熱材で結露が納まり電気量も大幅に減った・・・の見出しは見るに耐えない。

今、被災地で断熱材仕様仮設住宅がどうなってるのか取材に来たら全てが判るよ。結露と寒さで震え上がってる被災者に何て云うのかね。

日本人は勤勉さと正直者で今まで日本国を導いてきた。大震災で外国マスコミが「日本国民は素晴らしい。暴動も起きないし、理路整然としている。ただし、政治家と官僚に苛められている可愛そうな
国民であることも否めない事実」と報道された。

自分だけ残れば良い。会社延命は当たり前。何でも有りがまかり通る専門誌なんて恥ずかしい限りである。同じ国民だからこそ早く目覚めよと云いたい。報道も勝手だが嘘をついては困る。
新聞の云う400mmから600mmの断熱材が住環境に如何に悪さをするか計り知れない。
・・・・完
posted by kankyomaterial-blog at 17:42| 日記