2012年07月05日

6/20 投稿huzii様

以下投稿してくれたhuzii様、ご意見有難うございます。
実は、この一般向けブログは会員専用ブログの中からほんの少しだけ抜粋したもので一連の流れが欠如しています。会員とは「住環境改善」の目的に賛同した方達です。非営利ですので差ほどの予算も
無く、皆で持ち寄ったお金で運営しております。ただし、志だけは高く、日本の再生を願う者が集う場所でもあります。新たな情報他、多くの人にお届けしたいという気持ちから協議会が発足しました。

熱力学体系書は日本を除き世界各国に多数存在します。が、熱移動の3原則の“防御法”は何処にも有りません。我々は「実績と計算法の一致」法を採用し研究期間も15年に至りました。その結果ほんの少しだけ防御理論を学会で話せるようになりました。この繰り返しで「熱力学体系防御編」が出来ると信じております。

投稿文
「辞書の記載例に対して、
私が「輻射熱」を解説したなら〜
と仰っていますが、紙面に限りのある辞書において
佐藤様の解説では明かに文字数が多すぎでしょう。
辞書に対して私が〜と、仮定されているのに
条件をそろえていない為、比較対象としてのピントが曖昧で説得力に欠けた文章になっているように思われます。」
Posted by huzii at 2012年06月20日 23:17

貴方の云う通り、辞書は辞書であることで文字数の制限があるんですね。私はそれを理解しないで
長文の解説になった事は恥ずべきことでした。ピントがずれないよう更なる努力をしたいと思ってます。

自分は元々開発好きで、瞬時で全てのウイルス、バクテリアを絶滅させる研究が一番長期の研究でした。放射波長を変える事で色調の変化を求めた研究なんかは、微生物の云々と比較すると非常に幼稚で面白くも何ともありませんでした。
微生物の研究は単細胞の研究でもあります。単細胞生物は余計なことを考えず目的に至るまで直進的動きまたは思考をします。この直線的動き思考こそが今日本に求められているような気がします。こんな事日常的に考えてると、この世の真実と云われる事も、実は、非常に多い理解者の元の仮説に過ぎず、また、学会でその理論を覆したとしても、それは、仮説を仮説で上塗りしただけと思うようになりました。

今、遮熱にのめり込んでいます。またご意見聞かせて下さい。
以上
posted by kankyomaterial-blog at 10:40| 日記